亜鉛は子供の成長期に必要

MENU

亜鉛は子供の成長期に必要不可欠な栄養素

肝機能改善など健康に良いとされている亜鉛ですが、実は子供にも良い影響を与えてくれること、ご存知でしたか?ここでは、子供の成長と亜鉛の関係性についてお話していきます。

子供の成長期には欠かせない亜鉛

子供と両親

亜鉛は、タンパク質と同様にDNAを合成するのに必要不可欠なものです。特に成長期の子供は、DNAの合成が活発になります。そのため、亜鉛が不足してしまうと様々な不調が現れるようになるのです。

 

亜鉛不足になった子供に起こりやすい不調としては、貧血や成長障害、免疫力の低下などが挙げられます。

 

成長期に障害が起こると身長が伸びなくなってしまったり、骨格がきちんと発達できなかったりといったことに繋がるので注意が必要です。
また、免疫力が低下すると様々な感染症にもかかりやすくなります。

子供の亜鉛摂取量について

必要な亜鉛の量は、子供と大人とでは違います。
子供は1日あたりどのくらいの亜鉛が必要なのでしょうか。
以下は年齢別の所要量となります。

 

  • 生後すぐ〜6か月まで…2r
  • 生後7か月〜12か月まで…3r
  • 1歳〜3歳まで…3r
  • 4歳〜8歳まで…5r
  • 9歳〜13歳まで…8r
  • 14歳〜18歳まで…男性11r、女性9r(ただし妊娠時は12r、授乳期は13r)
  • 19歳以上…男性11r、女性8r(ただし妊娠時は11r、授乳期は12r)

できれば食事で補いたいけど難しい?

牡蠣

亜鉛は魚介類、肉類を中心にナッツ類、乳製品、大豆食品、海藻類などに含まれています。

 

中でも牡蠣に含まれている亜鉛の量は多く、1日5個〜6個食べれば、成人男性が必要とする1日の亜鉛量を達成できます。とはいえ、1日に牡蠣を5〜6個、しかもそれを毎日…というのは、なかなか難しいでしょう。

 

また、亜鉛は吸収されにくい成分とも言われています。特に毎日大量の汗をかくような運動をしている子供の場合、亜鉛が体内に吸収されないうちに体外へ出ていってしまうのです。このように、1日に必要な亜鉛を食事だけで補うのは非常に大変ということがお分かりいただけたことでしょう。

 

⇒1日3粒で牡蠣6個分の亜鉛が摂れるサプリメントはこちら

サプリメントで効率良く、亜鉛を摂取していこう

近年の日本では、誰でも手軽に作れるインスタント食品やレトルト食品が普及しています。特に子供はこのような食品が好きな傾向があるようです。

 

また、子供は菓子パンやスナック菓子も大好きなもの。こうした食べ物には、当然亜鉛が十分に含まれていませんので、食べ続けていれば、すぐに亜鉛不足になってしまいます。

 

そこで近年、子供の健康と発育を守るために注目されているのが亜鉛を含んだサプリメントです。共働きなどでなかなか子供の食事にまで気を配ることができないという人でも、子供に毎日サプリメントを飲む習慣をつけさせることで、十分な量を摂取させることができます。

 

大切な子供がのびのびと成長するためにも、サプリメントを利用することで、しっかり亜鉛を補っていきましょう。

子供にサプリメントを飲ませる時は過剰摂取に気をつけよう

サプリメントは不足している成分を補うのに、とても良いアイテムです。しかし、子供に飲ませる場合は過剰摂取しないように気をつけなければなりません。

 

基本的にサプリメントに含まれている成分は、西洋薬と違って人間の体に必要なものばかりですから、1日あたりの目安量を守って飲んでいれば問題ないでしょう。しかし、それを守らず過剰に摂取してしまうと、副作用を起こしてしまう危険性もあります。

 

亜鉛を大量に摂取しすぎると、鉄分の吸収が阻害されて鉄欠乏性貧血を起こしたり、免疫障害や神経症状、下痢などを起こしやすくなるのです。

 

サプリメントに明記された目安量は、吸収されにくい亜鉛の特徴を考えた上で決められたもの。素人判断で、極端な量を飲んでしまうと、体に悪い影響が及ぶ可能性があります。何事も適度が一番ですから、過剰摂取には気をつけてサプリメントを活用していきましょう。

 

おすすめの亜鉛サプリメントのランキングはこちら