亜鉛は風邪の予防と症状の軽減にも効果

亜鉛は風邪の予防と症状の軽減にも効果的

風邪を予防する女性

最近、風邪ばっかりひいている気がする・・・
一度風邪をひくとなかなか治ってくれない・・・
風邪をひくと、重くなりやすい・・・

 

風邪は1年を通して、誰でも発症する可能性のある感染症の1つです。ひいても大して重くならずにすぐ治ってしまう人もいれば、いつまでも症状が長引いてしまう人、ひきやすい人もいるでしょう。

 

よくある病気と思って見て見ぬふりをしている人も多いかもしれません。でも、風邪は万病の元という言葉があるように、油断していると命に関わることもあるので注意が必要です。

 

そんな風邪の予防と症状の緩和効果を期待できるとして、亜鉛が注目されています。
それでは、亜鉛と風邪の関係についてお話していきましょう。

風邪にはビタミン?それとも亜鉛?

風邪を早く治すにはビタミンCが一番!そう思っている人は多いでしょう。のど飴でもビタミンCが含まれるオレンジやレモンなど、柑橘系のものが多いですね。

 

たしかに、ビタミンCには抗酸化作用の働きを期待できるため、これが風邪のウィルスに打ち勝つパワーを生み出してくれますので効果的です。

 

しかし、免疫力そのものに働きかけてくれるわけではなく、一時的に風邪のウィルスへの抵抗力を高めるだけなので、風邪をひきにくい体づくりには適していないのです。

 

そこで、免疫力を高める働きを期待できる栄養素として亜鉛が注目されています。亜鉛は、体内の免疫細胞の生成には欠かせないものです。不足してしまうと、その分免疫細胞が作られにくくなってしまうため、体も弱く風邪をはじめとして様々な病気にかかりやすくなります。

 

実際に、マウスを使った実験では亜鉛を多く摂取していたマウスの方が、免疫細胞を活発に作り出していたという研究結果も出ているのです。

 

⇒おすすめの亜鉛サプリメントはこちら

特に風邪のひき始めにオススメな亜鉛

海外では、風邪のひき始めに亜鉛を摂取することで早く治しやすくなると言われています。そのため、風邪と思ったら亜鉛のサプリメントを飲む習慣をつけている人が多いのです。

 

化学物質でできた薬とは違って、すぐに症状を緩和させる力はありません。しかし、亜鉛を適量摂取することで免疫力を高め、風邪のウィルスが増殖するのも防いでくれるため、根本から強い体づくりをしていけるのです。

 

とはいえ、「とにかく早く風邪を治したいからたくさん亜鉛を摂ろう…」と、定められた量以上にサプリメントを飲んだりするのはオススメできません。亜鉛は、過剰摂取すると鉄分の吸収を阻害して貧血に繋がることもあるため、注意が必要です。

 

サプリメントで風邪に強い体づくりをしていくには、毎日決められた量を守って根気強く飲み続けていくようにしましょう。

 

おすすめの亜鉛サプリメントのランキングはこちら