亜鉛 育毛・薄毛

亜鉛の育毛・薄毛に対する効果

もともと薄毛は男性の悩みとされていました。しかし、近年ではストレス社会であることや、生活習慣が乱れがちであることが原因となって、女性でも薄毛に悩まされる人が増えてきていると言われています。そんな男女共通の悩みである薄毛対策にも、亜鉛は有効な栄養素とされています。

髪の毛のサイクルを知ろう

髪の毛は常に3つのサイクルを繰り返しているということ、ご存知でしょうか?
そのサイクルをそれぞれ、簡単に説明したいと思います。

成長期

その名の通り髪の毛が成長する時期で、この時に細胞分裂が最も活発に行われるようになります。細胞分裂には亜鉛が欠かせないものであるため、この時にきちんとした成長をさせるためには、十分な亜鉛が必要不可欠となるでしょう。

 

この成長期、男性だとだいたい3年から6年、女性だとだいたい4年から8年になるようです。また、今ある髪の毛のうち、この成長期に当てはまるのは全体の約85%程度と言われています。

退行期

成長期を過ぎると、今度は退行期へと入っていきます。この時期になると細胞分裂の勢いもどんどん衰えていき、内部の細胞がやせ細っていくのです。退行期は男女とも共通でだいたい2週間から3週間程度続きます。

休止期

退行期を超えると、今度は休止期に入ります。この時期は、髪の毛の成長が完全に止まる時期です。「じゃあもう新しい髪の毛は生えてこないのか…」というと、決してそんなことはありません。休止期に入った髪の毛は一旦自然に抜けてしまいますが、毛穴の下には新しい髪の毛を生成するための準備がされています。

亜鉛が不足するとどうなる?

前述したとおり、亜鉛は成長期の髪の毛が細胞分裂を繰り返していくためには欠かせない栄養素です。亜鉛が足りないと、せっかくの成長期でも細胞分裂が活発に行われません。その結果、強く艶のある綺麗な髪の毛を作れず、弱く艶のない髪の毛になってしまうのです。

 

また、髪の毛はクチクラと呼ばれる物質でコーティングされており、外部の刺激や摩擦から守られています。このクチクラを生成する際にも、亜鉛は必要なものとなっています。そのため、亜鉛不足になればクチクラが生成されなくなり、髪の毛を守るものがなくなってしまうので、外部の刺激に弱い髪になってしまうのです。

 

おすすめの亜鉛サプリメントのランキングはこちら