亜鉛 食品

MENU

亜鉛が多く含まれる食品は

亜鉛を含んでいる食品と言われて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
おそらく一番に牡蠣を思い浮かべる人が多いと思いますが、もちろんそれだけじゃありません。ここでは亜鉛が含まれている食品を紹介していきたいと思います。

魚介類

牡蠣

魚介類には亜鉛を多く含む食品が多く存在しています。中でも特に多く含んでいるのが牡蠣で、100gあたり約13.2mg。その他には、からすみ、煮干し、スルメ、、干しえび、たらこ、などにも多く含まれています。

 

<100gあたりの亜鉛含有量>

  • 牡蠣・・13.2mg
  • からすみ・・9.3mg
  • 煮干し・・7.2mg
  • スルメ・・5.4mg
  • 干しえび・・3.9mg
  • たらこ・・3.1mg

 

ちなみに最も亜鉛の含有量が多い牡蠣の場合、1日あたり6個ほど食べることで1日に必要な量を補うことが出来ると言われています。また上記のとおり、スルメやからすみも亜鉛の含有量が多く1日に必要な分を摂取しやすいですが、塩分も多く含んでいるので、塩分の摂りすぎに注意しなければなりません。

 

⇒1日3粒で牡蠣6個分の亜鉛が摂れるサプリメントはこちら

肉類

肉

肉類の中で特に亜鉛を多く含まれているのが、ビーフジャーキーで100gあたり約8.8mgも含んでいるといいます。その他には、豚レバーや牛の肩ロース、牛レバー、鶏レバーなどにも多く含まれています。

 

<100gあたりの亜鉛含有量>

  • ビーフジャーキー・・8.8mg
  • 豚レバー・・6.9mg
  • 牛の肩ロース・・4.6mg
  • 牛レバー・・3.8mg
  • 鶏レバーが3.3mg

 

この中で最も効率よく亜鉛を摂取しやすいのが、ビーフジャーキーとなりますが、やはり塩分が多い食品であるため、塩分摂取過多に気をつけなければならないでしょう。

乳類

チーズ

乳類では100gあたり7.3mgの亜鉛を含んでいると言われているパルメザンチーズがダントツとなっています。次いで4.6mgのエダムチーズ、4.0mgのチェダーチーズ、3.9mgの脱脂粉乳です。チーズや脱脂粉乳は手軽に料理に加えたりすることができるため、ちょっとした味付けで積極的に使っていくといいかもしれませんね。

豆・種実類

アーモンド

健康食品としても有名なゴマは100gあたり5.9mgもの亜鉛が含まれています。その他、アーモンドには4.4mg、落花生には3.0mgの亜鉛が含まれているようです。豆類では100gあたり3.5mgの亜鉛を含むきな粉とグリンピースがトップです。なかなかたくさんの亜鉛を含む食品ですが、100gで考えると相当な量になってしまうものが多いのが難点です。

 

 

以上が亜鉛が多く含まれる食品です。

 

でも、これらの食品を毎日食べるのも大変ではないでしょうか。せっかく亜鉛が多く含まれていても、同時に塩分量も多い食品もありますので注意が必要ですし。。。

 

そこで、当サイトではこれらの食品に加えて、牡蠣のサプリメントで亜鉛を摂取することをおすすめしています。サプリメントであれば、たった数粒飲むだけで必要な亜鉛をしっかり補給することができますので手軽ですし、塩分過多を気にする必要もありません。

 

いろいろな亜鉛サプリメントが販売されていますので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの亜鉛サプリメントのランキングはこちら