亜鉛のサプリメントのおすすめランキング

亜鉛サプリメントのおすすめランキング

牡蠣

当サイトでは亜鉛サプリメントをお探しの方に、食物中で亜鉛含有量がナンバー1と言われる牡蠣のサプリメントの利用をおすすめしています。

 

牡蠣は「完全栄養食品」とも呼ばれ、亜鉛だけでなく、タンパク質、糖質、ミネラル、ビタミンなど、体に必要な栄養素もまんべんなく含んでいる食材。

 

サプリメントで効率よく摂取することで、さまざまな効果を期待することができます。
こちらでご紹介するサプリメント、ぜひ試してみてください!

 

牡蠣のチカラαの特徴

亜鉛不足の方に、当サイトが今一番おすすめしているのが、”贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα”です。

広島県産の牡蠣エキスに、厳選されたマカと高麗人参をプラスした亜鉛サプリメント。1日分(3粒)で生牡蠣6個分となる16mgの亜鉛を摂取できるだけでなく、ビタミン・ミネラル・タンパク質・サポニンなども豊富に摂取できる今注目の商品です。

定期購入なら初回980円(送料無料)。いつでも解約できるので、まずは1ヶ月試してみてはいかがでしょう。

価格 定期初回980円
評価 評価5
備考 内容量:90粒(30日分)

海乳EX【定期ロングバージョンバナー】

海乳EXの特徴

海乳EXは、亜鉛が豊富に含まれる完全食品「牡蠣」のエキスを詰め込んだ大人気サプリメント。販売数100万袋突破の大人気商品です。

機械を使わず手作業でむき身にされた、広島県産の生牡蠣を使用。たった2粒で生牡蠣5個分の亜鉛を摂ることができます。

疲れが気になる人や肌がカサカサなど亜鉛不足の症状で悩んでいる方や、妊活中の方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

価格 定期初回980円
評価 評価5
備考 内容量:62粒(約1ヶ月分)
プレミアムオイスターの特徴

プレミアムオイスターは、牡蠣エキスを配合した亜鉛たっぷりのおすすめサプリメント。

1袋に牡蠣253個分のエキスを凝縮し、さらにしじみ675個分相当のオルニチンや、クルクミン、ビール酵母、ビオチンといった活力アップに欠かせない成分を配合。

リピート率93.9%!牡蠣エキスだけでは得られないような高い実感力を実現した人気商品です。

価格 定期初回980円
評価 評価4.5
備考 内容量:60粒(30日分)
牡蠣美人の特徴

牡蠣美人は女性のことを考えて作られたナチュラルなサプリメント。亜鉛(ZINC)たっぷりの牡蠣のパワーに高麗人参を配合することで、女性特有の悩みを解消する力をアップさせています。

外出時にそのまま持ち運ぶことも考えた可愛いパッケージも特徴です。亜鉛不足に悩む女性におすすめのサプリメント。毎月500名限定で定期コースなら初回980円で購入できます。

価格 定期初回980円
評価 評価4
備考 内容量:30粒(30日分)

カキプラスZのバナー

カキプラスZの特徴

カキプラスZは、1日分4粒に牡蠣エキスが600mgも含まれている亜鉛サプリメント。牡蠣エキス以外にもビタミン類、セサミン、クルクミン等の有効成分が配合されており、それぞれの相乗効果により、体の活力アップに貢献してくれます。

疲れやすい、味覚障害、肌荒れ、精力不全などの亜鉛不足の症状に悩んでいる方におすすめのサプリメントです。

価格 6930円
評価 評価4
備考 内容量:120粒(30日分)

ページトップに戻る

亜鉛とは

亜鉛について説明する女性

「亜鉛(元素記号:Zn)」という言葉、学校での化学の授業などで耳にしたことがある人は多いでしょう。でも、その時はあまり亜鉛が私たちにとって、どんな存在であるか意識したことはなかったのではないでしょうか。

 

亜鉛はミネラルの一種で、ごくわずかな量でも人間の体に欠かすことができない必須微量元素の1つ。体のあらゆる場所に存在し、アルコール脱水素酵素(アルコールデヒドロゲナーゼ)や炭酸脱水酵素、加水分解酵素など、200種類以上の酵素の活性化に関与することで、免疫や治癒、精子生成、味覚感知などの機能をサポートしています。

 

主に肉類、貝類、魚類といった動物性の食品に亜鉛は多く含まれているのですが、同じミネラルの中でも亜鉛は不足してしまいがちな栄養素とされており、サプリメントを利用するなどして、日頃から意識して摂取する習慣をつけることが大切です。

 

ページトップに戻る

亜鉛の摂取量の目安。過剰摂取による副作用はあるか?

厚生労働省発表の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の中で、亜鉛の推奨摂取量は、成人男性で9〜10mg/日、成人女性で7〜8mg/日とされています。(妊婦はこれに+2mg、授乳婦は+3mg付加)

 

また、耐用上限量は成人男性は40〜45mg/日、成人女性は35mg/日。この耐用上限量というのは、これ以上摂ると過剰摂取による健康障害が発生する可能性が出てくるという値です。

 

基本的に亜鉛は過剰摂取されても、毒性は低いですし、膵液の働きにより過剰分は排泄されるので問題は起こりにくいのですが、それにも当然限界があります。

 

耐用上限量を大きく超える量を一気に摂取してしまうと、急性亜鉛中毒により胃障害、めまい、吐き気等の症状が発生する可能性がありますし、継続的に過剰摂取していると、腸管で鉄や銅の吸収を阻害し、鉄欠乏や銅欠乏になり、貧血、血液障害、下痢、神経症といった症状が発生する可能性が高まりますので注意が必要です。

 

通常の食生活だけで過剰摂取となることはほとんどありませんが、サプリメントを利用する際には、1日あたりの目安量を守り、極端な量を摂取しないよう気をつけましょう。

 

参考:日本人の食事摂取基準(2015年版)

 

亜鉛が欠乏してしまうと・・

亜鉛が不足して亜鉛欠乏症になってしまうと、細胞分裂に支障をきたしてしまうため、味覚障害、皮膚炎、食欲不振、うつ、免疫機能の低下、貧血、性機能低下、無月経などのさまざまな症状が出てきてしまいます。

 

さらに、亜鉛が欠乏すると、胃腸の働きが低下して下痢などの症状が出ますので、栄養素の吸収がうまくできなくなります。また、亜鉛は血液中の糖質をエネルギーに変換するために必要なインスリンの生成に必要な栄養素ですし、ビタミンAの活性化にも関わりますので、亜鉛が欠乏してしまうと、吸収した栄養素の活用にも問題を生じさせてしまうのが厄介なところです。

 

亜鉛の効果・効能は?

亜鉛は、人間の健康維持に欠かせない栄養素だけあって、十分摂取することで、様々な効果を期待できると言われています。その効果の一部を簡単に紹介しておきましょう。

 

二日酔いの防止

お酒を飲んだ時、体内ではアルコールの分解が行われます。このアルコールを分解する時のサポートをしているのが亜鉛です。亜鉛が豊富にあればアルコールの分解も正常に行われるため、二日酔いを軽減・防止する効果を期待できるのです。

 

生活習慣病予防

亜鉛にはコレステロール値や血圧の上昇を防いだり、インスリンの分泌を活性化させる働きなどが期待されています。そのため、糖尿病などの生活習慣病を予防する効果を期待できるのです。

 

正常な味覚を保つ

舌の表面の細胞は日々新しいものと生まれ変わっています。この時、新しい細胞の生成には亜鉛が必要不可欠です。亜鉛が不足してしまうと、十分な細胞の生成をすることができず、味を感じる器官である味蕾の数が減ってしまい味覚障害が発生してしまうので注意が必要です。

 

抜け毛の予防

頭皮や毛髪の生成にも、亜鉛は深く関わっています。髪の毛の主な成分はタンパク質ですが、このタンパク質が合成される時のサポートも亜鉛の役割の1つなのです。そのため、十分な亜鉛を摂ることは、健康な髪の毛や頭皮の生成に繋がりますので、抜け毛の予防だけでなく、綺麗な髪の毛を作るためにも重要なことと言えるのです。

 

生殖機能の維持

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれており、生殖機能とも深く関係しています。亜鉛は精子を生成するために必要不可欠な栄養素ですし、女性ホルモンが分泌されるのも助けてくれるといいます。これらの働きから、生殖機能を維持する役割も担っているのです。

 

成長を促進させる

細胞が生まれ変わるためには亜鉛の存在は欠かせません。そして細胞の生まれ変わりが特に活発に行われるのが、子供の成長期の時期です。

 

この時、細胞分裂が活発に行われてどんどん新しい細胞が生成されていくことによって、筋肉が発達したり身長が伸びるなど成長が進んでいくわけです。そのため、この時期には亜鉛が非常に重要な栄養素となります。不足しないようにきちんと補うことが大切です。

 

また、成人してからも内臓や肌の細胞が生成されるためには亜鉛が必要不可欠です。これらの新陳代謝を高めるためにも、適量の亜鉛は非常に大切です。

 

 

このように亜鉛を摂取することで様々な効果が期待できます。
この他にも、美容面育毛に関する効果も期待できるとも言われています。

 

ページトップに戻る

亜鉛が多く含まれる食べ物は

これらは、亜鉛が多く含まれている食べ物です。
牡蠣には特に多くの亜鉛が含まれています。

 

    <100gあたりの亜鉛含有量>

  • 牡蠣・・13.2mg
  • からすみ・・9.3mg
  • 煮干し・・7.2mg
  • スルメ・・5.4mg
  • ビーフジャーキー・・8.8mg
  • 豚レバー・・6.9mg
  • 牛の肩ロース・・4.6mg
  • 牛レバー・・3.8mg
  • 鶏レバー・・3.3mg
  • パルメザンチーズ・・7.3mg
  • ゴマ・・5.9mg
  • カシューナッツ・・5.4mg
  • アーモンド・・4.4mg

亜鉛は牡蠣サプリメントで摂るのがオススメ!

亜鉛サプリメント

いろいろな効果が期待できる亜鉛だから、早速毎日摂りたい!と思う人は多いでしょう。亜鉛は上記の通り、牛肉やレバーなどの肉類、牡蠣やカニ、エビ、ホタテなどの魚介類などに多く含まれています。

 

そのため、そうした食材を早速メニューに取り入れていきたい…と思うところですが、毎日食事で亜鉛の量を調節したり考えたりするのって結構大変なことだと思いませんか?

 

そこで当サイトでは、手軽に亜鉛を摂ることができるサプリメントをおすすめしています。お酒が好きでよく飲む人や、抜け毛を気にしている人、特に生活習慣病を予防したい人や美容面を気にしている人などを中心に、特に亜鉛を豊富に含む牡蠣のサプリメントが愛用されています。

 

牡蠣は亜鉛が豊富に含まれているだけでなく、20種類以上のアミノ酸、グリコーゲン、タウリン、ビタミンB群、ミネラルなど、多様な栄養素がバランス良く含まれている完全栄養食品。

 

あなたも、毎日必要な健康成分を補うために牡蠣サプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

 

医薬品との相互作用に注意
亜鉛には、抗生物質や慢性関節リウマチの治療薬などの薬の効果を弱めることがありますので注意が必要です。サプリメントで亜鉛を毎日多く摂取する場合、病気等でこれらの薬を服用している方は、事前に医師に相談したほうが良いでしょう。

 

亜鉛サプリメントのおすすめランキングへ戻る

 

天然原料使用のサプリメントを選ぼう

「DHC」や「ネイチャーメイド、「ディアナチュラ」など、1ヶ月分で500円前後の安い亜鉛サプリメントも、amazonや楽天、ドラッグストアなどで販売されています。でも、これらに使われているのは化学的に合成された亜鉛であり、天然成分が含まれていないものがほとんど。

 

亜鉛自体は天然も合成も同じなのですが、問題なのは体が吸収できる量です。

 

もともと亜鉛は体が吸収しにくい栄養素。でも、牡蠣などの天然原料で作られたサプリメントであれば、亜鉛以外にもさまざまな栄養素が含まれていますので、それらのサポートにより体への吸収率が高くなります。

 

でも、合成された亜鉛のサプリメントはサポート成分が少なく、たくさん飲んでも、天然のものと比較すると体が吸収できる量はわずかなものとなってしまうのです。

 

また、天然原料であれば亜鉛以外の栄養素の効果も期待できます。より高い効果を実感するという観点で考えれば、亜鉛サプリメントは天然原料を使用したものを飲むほうが良いと言えるでしょう。

 

亜鉛サプリメントは牡蠣のチカラαがおすすめ

牡蠣のチカラα

当サイトが今一番おすすめしている亜鉛サプリメントが「贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα」です。

 

1袋になんと生牡蠣約181個分の亜鉛が含まれおり、1日3粒飲むだけで、推奨摂取量を超える16mgの亜鉛を簡単に摂取することができます。

 

亜鉛サプリメントと言えば、牡蠣エキスだけのサプリメントが多いのですが、牡蠣のチカラαは、広島県瀬戸内海産の牡蠣のエキスに、栄養価のひじょうに高いことで知られているマカと高麗人参をプラスしてあるのが特徴。他の亜鉛サプリメントと比較して、多くの栄養素をバランス良く摂取することによる相乗効果も期待することができます。。

 

また、品質の管理や検査などを衛生的な環境・管理手法で行う「医薬品GMP認定工場」で製造されているので、安心・安全の高品質サプリメントと言えるでしょう。

 

⇒牡蠣のチカラαの公式サイトはこちらから

 

亜鉛サプリメントのおすすめランキングへ戻る

※関連サイト

更新履歴